パソコン用語集
 
検索方法

パソコン等に関するあらゆる専門用語が50音訓順に整列されています。下の50音訓表から、探したい言葉の頭文字をクリックすると、指定した頭文字で始まる用語、単語のページが表示されます。アルファベットで始まる言葉は、読み方で50音訓に当てはめて検索してください。

 例:CD -> シーディー -> 「し」の項

数字やアラビア文字などで始まる特殊なものは「■」の項に集約して掲載されています。


お財布.com
  

「え」

 

 エクスプローラ(Explorer)

 Windows95に付属するファイルを管理するためのソフトの名称。

 エクストラネット(Extranet)

 インターネットをバックボーンとしてインターネット同士を相互に接続した情報システムのこと。本社と各地の支社や支店など、ある特定のグループ内で有効な情報システムをインターネットで構築したもの。

 エクスポート

 あるアプリケーションで作成したデータを、別のアプリケーションで使用できるファイル形式で保存すること。

 エスケープキー(escape key)

 キーボードの特殊キーのひとつ。キーボードには「ESC」などと表示されている。

 エスケープコマンド(escape command)

 モデム等でデータ通信を行っている際、回線を切断する事無く、モデムに命令を送る事ができる事が出来るようにするために、モデムがコンピュータからの命令を受けられるようにできる状態にするためのコマンドを取り決めたもの。通常は +++ です。

 エスケープ・シーケンス(escape sequnece)

 ディスプレイ、プリンタなどに対する出力を制御するためのコードのこと。

 エディタ(editor)

 文字データの作成、変更、追加、削除などを行うためのプログラム、アプリケーションのこと。

 エデュティメント(edutainment)

 エデュケイション(教育)とエンターテイメント(娯楽)がくっついた言葉。図鑑などのソフトなどがこれに分類される。

 エフェクト(effect)

 効果という意味を持つ言葉で、コンピュータでは音声等にエコーをかけるなどのもとのデータに手を加えることをいう。

 エミュレータ(emulator)

 あるハードウェアやソフトウェアの機能をほかのハードウェアやソフトウェアで擬似的に実現するための装置、またはプログラムのこと。

 エラー(error)

 誤りのこと。

 エンコーダー

 符号器の意味、データを一定の規則に従って符号化すること。または圧縮されているファイルや画像、動画などを展開するプログラム等の事。

 エンド・ユーザー(end user)

 システムやアプリケーションなどの開発者ではなく、それを実際に使う利用者(ユーザー)のこと。

 ACT

 アクションゲームの事。

 ADB(Apple Desktop Bus)

 キーボードやマウス等の入力装置を接続するためのインターフェイスのこと。マッキントッシュの標準となっている。

 ADO(ActiveX Data Objects)

 マイクロソフト社が提供するデータベースアクセスのためのソフトウェア部品のこと。これによりVisual Basicや、VBScript、C/C++などから、簡単にデータベースを利用できるようになる。

 ADS

 アリオンデジタルサポートの略称。

 ADSタイミング

 CPU等のクロックとマザーボード側のクロックとの同期を取る際、位相のズレを調整するタイミングの事。位相タイミング(位相設定)の同義語。

 ADV

 アドベンチャーゲームの事。コマンドを入力する事で物語が展開する。

 AGP(Accelerated Graphics Port)

 インテル社が策定したグラフィック専用のインターフェイス規格のこと。基本的にPCIスロットだが、グラフィクスに特化している点と、コネクタの位置が若干異なっている為、専用カードしか挿せない。実際の転送速度ではPCIと大差は無い。

 AI(Artifical Intelligence)

 人工知能の事。人間が行う知的な作業を機械に代行させようと考え方のこと。自分で物事を考え、判断し、行動(出力)するシステムを指す。またフィードバックプロセスを持つ(自分自身のプログラムそのものを書き換える事ができる)AIを第2世代型AIと呼び、タンパク質等の自己進化増殖型記憶媒体を使用して無限の記憶容積を持つAIを第3世代AIと呼ぶ。さらに感情の起伏を持つAIを第4型AIと呼ぶが、ノイマン方式のコンピュータでは第3世代が限界ではないかと言われている。

 Altキー(Alt key)

 「アルト・キー」と読む。キーボードの特殊キーの1つで、キー自体には独立した機能はなく、他のキーとの同時押し、例えば「Alt」+「半角」で辞書が起動・終了などの使い方がある。「Altキー」と「GRPHキー」では同じ機能である。
 DOS/V系のキーボードには「Alt」という表示で、PC9800系では「GRPH」と[Alt]が両方表示されている。

 AMD

 K6シリーズやAthron、Duron等のCPUを生み出した会社の名前。

 API(Application Programing Interface)

 アプリケーション・プログラミング・インターフェイスの略。
 OSやウィンドウ・システムなどがアプリケーション・ソフトに提供するインターフェイスのこと。

 ASP(Application Service Provider / Active Server Pages)

ASP(Application Service Provider)

 スケジュール管理やメール、データベースといったビジネス用のアプリケーションをインターネット経由で提供する事業者のこと。業界標準や独占企業が現れていない今、さまざまな企業がパイオニアをめざして名乗りをあげている。

ASP(Active Server Pages)

 動的にWebページを生成するWebサーバの拡張機能の1つ。通常はブラウザ(PC)に渡されてから処理される「JavaScript」や「VBScript」などのスクリプトをサーバ側で処理し、処理結果のみをブラウザに送信する。

 ATX

 インテル社が提唱したマザーボードの規格のこと。サイズは12×9.6インチ(304.8×243.8mm)。この規格に適合したマザーボードをATXマザーボードという。

 ATOK [エートック]

 ジャストシステム社が開発、販売している日本語変換システムのこと。同社が開発、販売しているワープロソフトの「一太郎」で使われているもので、単独で利用することもできる。

 AT互換機

 DOS/Vのこと。

 Enter Key(エンター・キー)

 MacやDOS/V系のキーボードで使用される入力キーのこと。リターンキーとも言う。

 ENIX(エニックス)

 ドラゴンクエストシリーズ等のRPGを開発したソフトハウス。

 FAQ(Frequently Asked Question)

 よく受ける質問の答えをまとめたもののこと。

FD

 フロッピーディスクのことをこう記す。またはDOSベースのファイラーの名前。

FEP(Front-End Processor)

 フロント・エンド・プロセッサーの略。エフイーピーと読む。 仮名漢字変換のためのソフトウェア、つまり日本語変換システムのこと。

FM音源

 周波数により作られた音のこと。

FPU(Floating point number Processing Unit)

 浮動小数点数演算装置の略で、実数計算を高速に処理するための演算装置のこと。

FSB(Front Side Bus)

 「フロントサイド」とはCPUから見て、メインメモリやI/O(PCIバスなど)が接続される側のことで、メインメモリ側のバスクロックを総称してFSBという。

FTP(File Transfer Protocol)

 ネットワークでファイルの転送を行うシステムやプログラムのこと。 FTPコマンドを使用することによって、サーバにアクセスし、保存されているファイルを確認したり、ファイルを転送したりすることができます。

H(エッジ)

 PHSと携帯電話が融合したインターネットと電話機能の双方に強い携帯。ドッチーモと同じ。

HMA(High Memory Arwa)

 ハイ・メモリ・エリアの略。メモリの一部の表す言葉だが、ハードウェアメモリアクセスの略でもある。

HTML(Hyper Text Markup Language)

 WWWで表示される画面は、この書式で記述されます。HTML形式のテキストにURLを埋め込み、画像や音声などのデータが表示できるようにします。

HTTP

 ハイパーテキスト(HTML)を転送するためのプロトコルのこと。

LAPM(エルエーピーエム)

 エラー制御プロトコルの一つ。V42bis等に規定されています。

LCD

 液晶の事。

LED

 半導体によって発行する電子部品のこと。

LHA(エルエッチエー)

 複数のファイルを圧縮して1つのファイルにするフリーソフトのこと。「らは」と読む人がいるが、作者のドキュメントを参照するかぎり「えるえっちえー」と読むのが正しいらしい。

LSI

 ICの集合体。集積回路とも呼ばれる。集積度が高いものは超LSIと呼ばれる。

MC

 Savage系グラフィクスカード等が持つDVD再生支援機能の名称。モーションコンペセーションの略。この機能に対応したプレイヤと併用するとDVD再生がスムーズになる。(コマ落ちを目立たなくする機能) 詳しくはPC98再強化計画 DVDページに詳細が掲載されています。

MD(エムディ)

 フォルダ(ディレクトリ)を作るDOSコマンドの一つ。オーディオのメディア名でもある。

MME(Microsoft windows Multimedia Extensions)

 マイクロソフト社が提供するWindowsで画像・音声を出せるようにしたソフトのこと。

MNP

 モデムなどで通信する際のデータ圧縮規格の名称。データの整合性を高める等の機能もある。

MO(Magneto Optical)

 光磁気ディスクのことで、レーザー光と磁場を利用して高密度でデータを記録できる円盤型の記憶媒体です。現在記憶容量は128Mバイト、230Mバイト、540Mバイト、640Mバイト、1.3Gバイトのものがあります。(99/5現在)

mp3(MPEG Audio Layer 3)

 「えむぴーすりー」と読む。
 音声データのデジタル圧縮技術のこと。MPEGは動画圧縮技術として知られているが、音声圧縮も扱っており、mp3はMPEG Audio Layer-3の略称にあたる。

MPEG(Motion Picture Experts Group)

 ムービング・ピクチャ−・エキスパート・グループの略。「えむぺぐ」と読む。
 高画質な動画とハイクオリティー(高品質)なサウンドを再生するためのデータ圧縮方式のひとつ。

MPEGキャプチャ

 MPEG形式で圧縮しながら、動画等を記録する事ができるようにした機器。

MPP(Massively Parallel Processor)

 パソコンやワークステーション用として広く普及している安価なマイクロプロセッサを複数使い、並列処理することによって高速化を図ったコンピュータのこと。

MPU

 ローランドのMIDIインターフェイスの規格名。また、別にCPUの意味もある。

MS-DOS

 PC98で使用されていたシングルタスクのオペレーティングシステム。

NCU(Network Control Unit)

 ネットワーク・コントロール・ユニットの略。
 データ転送で、回線に対する発信・着信を制御する装置のこと。公衆回線を使ってデータ伝送を行う場合、モデムと回線を接続するために必要である。

NC(numerical control)

 工作機械を数値情報によって制御するシステムのこと。

NEC

 日本電気ホームエレクトロニクスカンパニーの略称。

NTT

 日本電信電話株式会社のこと。

S3TC

 テクスチャ圧縮技術の事。Savage等のGAに使用されている。

SDRAM(Synchronous Dynamic RAM)

 高いアクセススピードを誇る高性能のDRAMのこと。EDO-DRAMと比べて約2倍の転送能力を持つといわれる。DIMMにはたいていSDRAMが使われている。

SE(エスイー)(System Engineer)

 システムエンジニアの事。

SI(System Integration)

 システムインテグレーションの事。

SLG

 シミュレーションゲームの事。現実に行える事を仮想空間上で行うゲーム。戦略シミュレーションや子育てシミュレーションなどがある。

SMP(symmetric multi processing)

 複数のCPUを使用して高速な処理を行うマルチプロセッサシステムの手法のひとつ。

SMTP

 メールサーバーの1つで主にメールの送信に使用されるサーバーのこと。

SQL(Structured Query Language)

 データベース言語。ネットワーク環境でデータベースを共有する目的で開発されたもの。その為、システム的には非常に簡素だがクライアントPC側で加工しやすいといったメリットもある。

SSL(Secure Socket Layer)

 ネットワーク間でデータを転送する際のセキュリティ機能を付加する仕組みのこと。

Xシリーズ勧告

 CCITTによって定められたデジタル通信網に接続する端末機のインターフェイスに関する国際標準規格のこと。

XBOX

 マイクロソフトが公開した家庭用ゲームマシンの名称。DirectX8ベースでソフト開発が行えるようになっている事により、パソコンでソフトを開発しやすくなったという点で、PS2や任天堂64より販売戦略的に有利とされたが、売り上げが業界の予想を大きく下回り、事業は大失敗に終わった。

XBOX360

 マイクロソフトが公開した家庭用ゲームマシンの名称。XBOXの後継機種として2005年に発売された。処理性能(浮動小数点演算能力)は1TFlopsとされ、対抗機であるPS3の約半分に相当する。世界規模でみると一定の評価を得たと呼べるが、国内での売り上げは芳しくなく、対抗2機種(PS3、Wii)にシェアを大きく奪われた。

X.400

 ITU-TSが勧告した電子メール・システムの標準規格のこと。

XG規格(XG standard)

 ヤマハによるMIDIの規格のこと。GM規格の上位互換である。

XML

 HTMLとの違いは自分の目的に応じてタグを定義できる。

XMS(eXtended Memory Specification)

 MS-DOSで1MB以上のメモリを管理するための規格のこと。

 
INDEX