パソコン用語集
 
検索方法

パソコン等に関するあらゆる専門用語が50音訓順に整列されています。下の50音訓表から、探したい言葉の頭文字をクリックすると、指定した頭文字で始まる用語、単語のページが表示されます。アルファベットで始まる言葉は、読み方で50音訓に当てはめて検索してください。

 例:CD -> シーディー -> 「し」の項

数字やアラビア文字などで始まる特殊なものは「■」の項に集約して掲載されています。


お財布.com
  

「は」

 

バイト(Byte)

 コンピュータが扱うデータの基本的な単位です。01000001のように、2進法8桁で表現されます。また、2進法の1桁をビットと呼び、8ビットで1バイトになります。

バイナリ(binary)

 2進数のこと。テキストファイルではないファイルのこと。

バインド(bind)

 繋げる、関係を持たせるなどの意味。

 パケット通信

 無線を利用した通信。別の意味で、通信量に応じて通信料金が変動する通信という意味でも用いられる。cdmaOneなどがこの方式。24時間繋ぎっぱなしでもデータの送受信が無い限り電話代がかからないという強みがある。またパケット単位(小さなデータ単位)での通信なので、通常の通信と比較すると文字化けが少なく、結果読み直しが少ない為、高速で快適な通信が可能となる。

バグ(bug)

 プログラム中の間違いのことだが、構文的な問題のことではなく、構文的には正しいはずなのにプログラマの意図に反した動作し間違いを起こすもののこと。バグとは小さな虫のことで、以前大型コンピュータの中に虫が入ってエラーを起こしたことからこう呼ばれているとされる。

バージョン(version)

 ハードウェアやソフトウェアの改訂された製品の最初からの通し番号のこと。「Ver.」と略して表記することが多い。

バージョン・アップ(version up)

 ハードウェアやソフトウェアの誤りの修正や機能を強化したりすること。
 「×××Ver.3.0」、「×××Ver.4.0」というような形で表記するのが一般的。

 パーソナルコンピュータ/パソコン

 PCとも呼ばれる。本来、本体とキーボードと、マウスとディスプレイがセットになった状態をこう呼ぶが、本体だけをパソコンと呼ぶ場合もある。

 ハードウェアエンコード

 圧縮されたデータ等をCPUを介さず、周辺機器のみで展開する事。

バス(bus)

 CPUと周辺機器をつなぐ直線、もしくは、ある機器間をつないで信号をやりとりするための規格、およびハードウェアのこと。

バーチャル・リアルティ(Virtual Reality)

 一言でいうと仮想現実のこと。CGを使って現実味のある仮想の世界を作り出すこと。

パーティション(partition)

 区画、分割の意味を持つ言葉で、コンピュータ用語としてはハードディスク内の分割された領域のこと。1台のハードディスクをいくつかの領域に区切って使用することにより、複数台のハードディスクがあるように利用できる。

バックグラウンド印刷(background printing)

 コンピュータである仕事をしながら印刷をすること。

バッチファイル(batch file)

 OSにおいて、一連の処理を登録して、拡張子を「.BAT」にして名前をつけて保存したファイルのこと。コマンドや実行可能ファイルの名などを書込み登録する。書き込まれた内容は、バッチファイル名を入力するだけで実行できる。

ハード・ディスク

 磁気ディスクを用いた記憶媒体。最近の容量はギガ単位となっている。

バナー(banner)

 ソフトの起動時に最初に出てくるロゴのこと、もしくはホームページ中の見出し画像のこと。

フォーマンス

 性能を意味する。

パラレル(parallel)

 同時に並行して処理を行うこと。逆はシリアル。

パラレルインターフェイス(parallel interface)

 データを並列に並べて転送する方式のインターフェイス(端子)のこと。パラレルポートのことを指すことが多い。

パラレルポート(parallel port)

 コンピュータと周辺機器を接続するためのコネクタのこと。主にプリンタを接続するのに使用されている。

パリティ(parity)

 データの誤りを検出する技法の1つ。PC互換機のメモリシステムでは、8bitにつき1bitのパリティを付加していることが多い。メモリでパリティありの表示がある場合はデータの誤りを検出できる機能があるということ。

バルク(bulk)

 「バルク(bulk)」はひとまとめにする、一括するという意味を持つ言葉で、コンピュータ用語としては別々で行われていた処理を一括で行う場合や、個々に販売される商品を大量に一括で販売する場合などの意味として使用される。

バルク転送

 複数の回線を利用してデータを一括に転送する方式のこと。

バルク品

 正規のパッケージ商品ではなく、業者向けの商品を店頭で販売するもの。

バルクメール

 ダイレクトメール(DM)など、不特定多数に送られるメールの総称。

バンドル

 組み合わせ、抱き合わせ等の意味。パソコンにソフトウェアがバンドルといったら、ソフトウェアが付いてくるという意味。多くの市販パソコンには、様々なソフトがあらかじめバンドルされて販売されている。

半導体

 シリコン等、電子が特殊な流れ方をする物質。

ハンドシェーク

 各通信規格で決められた通信条件をお互い確認しながらデータモードに移行する方法。

半二重通信

 受信と送信を同時に行えない通信方法。受信する際など、データを全て受信するまで相手のコンピュータなどに次のメッセージや命令を送る事ができない。

BIOS(Basic Input/Output System)

 ベーシック・インプット・アウトプット・システムの略。 バイオスと読む。 コンピュータと周辺機器の間で行われるデータのやりとりを制御するプログラムのこと。

HD(Hard Disk)

 ハード・ディスク。

HiFD

 ソニーと富士フイルムが共同で開発した大容量をもつフロッピーディスクのこと。容量は200MBである。

 HUB

 拡張機材やコンピュータを複数接続する際、その仲介をする装置。

VAIO(バイオ)

 ソニーが開発したパソコンのシリーズ名。

Viper(バイパー)

 ソニアが開発したパソコンゲームの名称。非常にリアルなアニメーションをプログラムで実現した画期的な製品。また同じ名前のビデオカードもある。

 
INDEX