パソコン用語集
 
検索方法

パソコン等に関するあらゆる専門用語が50音訓順に整列されています。下の50音訓表から、探したい言葉の頭文字をクリックすると、指定した頭文字で始まる用語、単語のページが表示されます。アルファベットで始まる言葉は、読み方で50音訓に当てはめて検索してください。

 例:CD -> シーディー -> 「し」の項

数字やアラビア文字などで始まる特殊なものは「■」の項に集約して掲載されています。


お財布.com
  

「お」

 

応答時間(response time)

 与えられた入力に対してコンピュータが応答(レスポンス)を返すまでの時間のこと。レスポンスタイムともいう。

オクテット

 8ビットを意味する言葉のこと。

オーバーフロー(overflow)

 演算の結果が、そのコンピュータの表現できる最大の値を上回ること。数値は数学上は無限であるが、コンピュータでは扱える数値は有限なのでオーバーフローという現象が起きる。

オフ会

 オフライン・ミーティングのこと。略してオフということが多い。
 チャット等で知り合った仲間と実際に会うことをいう。

オフフック

 モデムが回線を利用できる状態にする。

オフライン(off-line)

 周辺装置や端末装置が、中心となるコンピュータによって直接コントロールされていない状態。

オブジェクト指向(object-oriented)

 オブジェクトという考え方をもとにしてプログラムを作る手法のこと。オブジェクトの意味は”もの”のことで数値・文字などをオブジェクト(もの)として扱う。
 この考え方をとりいれたプログラム言語をオブジェクト指向プログラムという。代表的なものとしてC++などがある。

オブジェクト(object-C)

 オブジェクト思考の強いC言語。

オプション(option)

 本体に接続できる部品で基本的に含まれていないもので、別売りで購入するもの。プログラム等のサブコマンドなどをいう場合もある。

オープンシステム(open system)

 OSやハードウェアの仕様が公開されているシステムのこと。有名なオープンシステムとしてPC/AT互換機がある。

オペランドoperand)

 演算に必要な項目で演算数ともいわれるもの。

オペレーティングシステム(OS)

 ハードウェアとアプリケーションソフトウェアの間で、プログラムの制御や管理、入出力の制御などを行うためのソフトウェア全般を指します。基本ソフトウェアともいいます。

リジネートモード

 一本の電話回線で送信データと受信データが混信せずに通信できるよう、お互いの周波数を変えて通信する方式。送信に低域の周波数を使用し、受信に高域周波数を使用するのがオリジネートモード。

オンフック

 モデムが電話回線を閉じる事。

オンライン(online)

 周辺装置や端末装置が、中心となるコンピュータによって直接コントロールされている状態。

AUTOEXEC.BAT(AUTOmatic EXEcute.BATch)

 OS(オペレーティングシステム)であるMS-DOSの起動のときに最初に優先して実行されるファイルのこと。Windowsシリーズが標準のOSとなった今では気にしなくてよい存在のファイルのひとつ。

 OCR
(Optical Character Reader)

 光学式文字読みとり装置のこと。文字を読みとるソフトウェアを指すこともある。

ODBC(Open DataBase Connectivity)

 マイクロソフト社によって提唱された、データベースにアクセスするためのソフトウェアの標準仕様のこと。このODBCを介することにより、各データベースの違いは吸収される。

ODP(OverDrive Processor)

 オーバードライヴ・プロセッサの略。「おーでぃーぴー」と読む。 パソコンの処理速度をあげるためのCPUのこと。インテル社の製品。混同される方も多いがCPUアクセラレータとは全く異質で異なる製品。

OLE(Object Linking and Embedding)

 オブジェクトの連結と埋め込みのこと。つまり、あるアプリケーションで作成したデータを他のアプリケーションのデータの一部として連結することができ、埋め込まれたデータが更新されれば、連結先のデータも更新される。ただし、アプリケーションがOLEに対応していなければならない。

OMR(Optical Mark Reader)

 光学式マーク読みとり装置のことをいう。いわゆるマークシートを読みとる機械のこと。

OpenGL

 グラフィックス処理のためのプログラミングインターフェイスのこと。映画の特殊効果を出すためにも使用されている。

Oracle

 米国のソフトウェアメーカー。

OS(Operating System)

 オペレーティングシステムの略。 ハードウェアとアプリケーションソフトウェアの間で、プログラムの制御や管理、入出力の制御などを行うためのソフトウェア全般を指します。例えばWindowsやマックOSなどのこと。

OS/2

 IBMとマイクロソフトが、MS-DOSの後継として開発したOSのこと。

OSR2

 Windows95のマイナーバージョンアップ版

 
INDEX