パソコン用語集
 
検索方法

パソコン等に関するあらゆる専門用語が50音訓順に整列されています。下の50音訓表から、探したい言葉の頭文字をクリックすると、指定した頭文字で始まる用語、単語のページが表示されます。アルファベットで始まる言葉は、読み方で50音訓に当てはめて検索してください。

 例:CD -> シーディー -> 「し」の項

数字やアラビア文字などで始まる特殊なものは「■」の項に集約して掲載されています。


お財布.com
  

「て」

 

低級言語

 アセンブラなどの機械語に近いプログラミング言語のこと。

ディザ法(dither method)

 CGなどでよく使われる色彩を表現する技術の1つで、使用できる色数が限られているとき、多くの色が出ているように見せかける技術のこと。例えば、赤と青の点を互い違いに並べて、遠目で見ると中間色の紫色に見える。このような方法で新しい色を使用せずに多くの色数を表示する。

ディスクアレイ(disk array)

 レイド(RAID)の別名、またはレイドを使ったディスク装置のこと。

ディスクキャッシュ

 フロッピーディスクやハードディスクよりも高速にアクセスできるRAMに、頻繁にアクセスするデータを残しておき、次にアクセス要求のあったときにそこからデータを読み込んで主記憶(ハードディスク等)に転送することにより、データ転送速度を高速化するしくみのこと。

ディスプレイ(display)

 一般的に情報を文字や図形を利用して表示する装置のこと。簡単にいえばパソコン専用のテレビ。

ディレクトリ

 ファイルを紙に例えるとディレクトリは引き出し、つまりファイルをしまっておくための引き出しの役割を果たすのがディレクトリである。Windows等ではフォルダともいう。

 テクスチャ/テクスチャマッピング

 ポリゴンで作られた図形に写真などを貼り付け、質感を表現する技術。

クノロジ

 技術や、技術によって創造されたシステムや仕様の事。

コーダカード/DVDデコーダ

 DVD等に圧縮されたデジタル動画データを、CPUを介する事無く展開する機能を持つ機器のことです。

デジタルサポートデジサポ(digital support)

 デジタル機器全般の保守。アリオンデジタルサポートの通称。総務省が提唱する地上デジタル放送受信者支援の名称。

デジタルカメラ(digital camera)

 デジタルデータとして画像をスマートメディア等のメディアに保存する装置。

データ(data)

 情報のこと、主にコンピュータで扱うものをいう。

データベース

 データの入力・更新・検索などの手順を提供し、情報の集中管理を実現するもの。

データモード

 モデム等で接続後、コンピュータ同士がプロトコル等を使って通信している時のモード。モデムで音を出す設定にしておいてもデータモードになると、自動的にミュートされる事が多い。

デバイス

 コンピュータに接続される周辺機器のこと。

デバイスドライバ

 コンピュータに周辺機器を接続して制御するためのプログラムのこと。

デバック(debug)

 プログラムの内容をチェックして誤りを修正すること。

デフォルト(default)

 初期のままの何も設定していない状態のこと。既定値ともいう。

デフラグ(defrag)

 ハードディスクへデータを読み書きや削除を繰り返していると、ひとつのファイルがハードディスクのあちこちに分割されて記録されるようになります。ひどくなるとコンピュータの動作は日増しに遅くなります。この断片化したファイルをディスクの連続した領域に配置し直す(これを最適化といいます)ソフトのこと。例えていうなら部屋が散らかった状態から整理整頓することにより大きい物をおくペースが増えたり、どこにどんな物が在るかわかるようにするのがデフラグというソフトです。

電子メール

 通常の手紙(メール)は紙を使用しますが電子メールはその名の通りファイルを転送することによって送れる手紙(メール)のこと。

 天外魔境II

 NEC PCエンジン用スーパーCD−ROMROMの宣伝を兼ねてハドソンが発売したゲームソフト。PCエンジン用ゲームソフトでは、ときめきメモリアルを超える空前の大ヒット作となった。

10BASE(テンベース)

 LANの規格の1つ。10BASEの「10」は、転送速度を表すもので、10Mbpsであることを意味している。この規格には、10BASE-2、10BASE-5、10BASE-Tがある。

DBMS(DataBase Management System)

 データベースを統合的に管理するシステムのこと。

DCE

 回線終端装置、モデム等の事。

DDX

 デジタルデータ交換網サービスの事。

DHCP(Dynamic Host Configration Protokol)

 プロトコルのひとつで、IPアドレス、ホスト名、ドメイン名等の各種通知を動的に行うためのもの。

DIMM(Dual Inline Memory Module)

 でぃむと読む。メモリを増設する場合にパソコンの本体に差すチップセットのこと。

DLL

 ダイナミックリンクライブラリの項を参照。

DNS

 ドメインネームシステムのことで、ドメイン名とIPアドレスを変換するためのデータベースのこと。ドメインネームサーバーと呼ばれることもある。

dpi(Dots Per Inch)

 ドット・パー・インチの略。プリンタなどで印字の品質を表す単位のこと。

DMA

 ダイレクト・メモリ・アクセスの事。CPUを一切介する事無く、ハードディスク等からメモリへ直接データを読み込む事が出来るシステム。

DMAコントローラ

 DMAを制御する為に使用されるコントローラの事。基本的にソフトウェアDMA制御とハードウェア制御の2種類があり、DOS/Vの場合、ほぼ全ての機種がソフトウェアDMA。ハードウェアコントロールに対応していると、若干パフォーマンスが上昇する。

DRAM

 パソコンのメモリに使用されている半導体の種類のひとつ。

 DTE/DTE速度

 DTEは端末、DTE速度は端末固定速度の事。パソコンとそれに繋がる周辺機器との通信速度。

DTP(DeskTop Publishing)

 出版物のレイアウトやデザインの作成をパソコン上で行うこと。電子編集システムともいう。

DVD(Digital Versatile Disc)

 デジタルビデオディスクの統一規格で、音楽用CDと同じ直径12cmの光ディスクにデジタル動画と音声データを収録します。 基本となる片面一層方式のディスク容量は4.7Gバイト、MPEG2(→MPEG)の信号圧縮による映像を133分収録できます。DVDに記録された動画データを展開するにはソフトウェアエンコードとハードウェアエンコードの2種類の方式があります。ハードウェアエンコードを使用する場合には別にデコーダボード(カード)という装置が必要になります。

DVD−RAM(Digital Versatile Disc Ram)

 DVD方式のメディアに記録できるような構造を持つドライブの事。DVD−RAMに記録しても、DVD−RAMに対応したドライブでなければ読み出しできない為、用途が狭く、読み出し速度も非常に遅い為、あまり実用的ではない。高価な割にDVD−RAMに書き込んだデータをDVDドライブで読み出す事すらできない。

DVD−R/RW(Digital Versatile Recordable)

 DVDディスクに記録する事ができるドライブ。これで記録したDVD−RディスクはDVDドライブで読み出す事が可能だが、CD−R同様、一度書き込んだデータを消去する事はできない。また、消去、書き換えが自由に出来るDVD-RWディスクの場合は一般のDVDドライブで読み出す事ができない。

TA(ティーエー)(Terminal Adapter)

 ターミナルアダプタの事。

TB(テラバイト)(TeraBytes)

 1000Gバイトで1テラバイト。

TFT

 ちらつきを押さえた液晶の事。現在のパソコンはほぼ全てTFT液晶。

telnet(telecommunication network)

 インターネットでつながったコンピュータを遠隔操作する仕組みのこと。

TCP/IP(Transmission Control Protocol / Internet Protocol)

 世界的に普及しているコンピュータ・ネットワーク用の通信手順のこと。

TSS(Time Sharing System)

 日本語に訳すと時分割システム。1台のコンピュータを同時に複数のユーザーが使用できるようにしたシステムのこと。コンピュータの処理時間を短い時間に分割してそれぞれのユーザーに割り当てる、こうすることによりユーザー1人がそのコンピュータを1人で使用しているように使える。

 
INDEX