パソコン用語集
 
検索方法

パソコン等に関するあらゆる専門用語が50音訓順に整列されています。下の50音訓表から、探したい言葉の頭文字をクリックすると、指定した頭文字で始まる用語、単語のページが表示されます。アルファベットで始まる言葉は、読み方で50音訓に当てはめて検索してください。

 例:CD -> シーディー -> 「し」の項

数字やアラビア文字などで始まる特殊なものは「■」の項に集約して掲載されています。


お財布.com
  

「う」

 

ウィザード(wizard)

 利用者がわかりやすいようにソフトの発する問い合わせ等を順に選択していくことで、複雑なソフトの操作を行なえるようにする機能、プログラムのこと。

ウィンドウ(window)

 画面上に開いた枠で囲まれた部分のこと。

ウィンドウアクセラレータ

 表示に関する処理を高速化するための機器。一般にビデオカードのこと。

ウェイト(wait)

 割り込み処理などを行っている間、主処理系の処理を待つこと。

ウォーク・スルー(walk through)

 プログラムの作成後にプログラムの仕様やプログラムそのものの誤りを直すために、複数の人で検査すること。

上書きモード

 ワープロソフトやテキストエディタなどにおける文字入力モードの1つのこと。上書きモードでは、すでに入力済みの文字列がある位置で新しい入力を行うと、入力済み文字列が新しい文字列で置き換えられる。

Ultra ATA

 IDEの転送速度を上げた内蔵CD-ROMドライブ等をつなげるための規格のこと。

Ultra SCSI

 うるとら・すかじーと読む。SCSI-2の転送速度を2倍に上げたSCSI規格のこと。

Web / Webページ

 くもの巣を意味する英単語で、何かの省略形というわけではない。インターネット上のページを表す。

Webマネー

 WEB上(インターネット上)で使用できるお金のようなもの。コンビニ等でプリペイドカードを購入する事で課金でき、カードの残高分の買い物ができるため、クレジットカードのように支払いの心配や利息の心配も無い上、使いすぎも少ない。

WebTV

 マイクトソフトとWebTVネットワークスが共同で開発した家庭向けインターネット端末。家庭用のTVと接続する事でインターネットやEメールが楽しめる。簡単なホームページを作ったり、チャットを楽しんだり、専用掲示板なども用意され、ICQにも対応している。またビデオキャプチャユニットやサウンドカードが端末内部に内蔵されており、ビデオカメラ等から映像や音声をEメールにのせて配信する事も可能で、プリンターにも対応しているため、ホームページを印刷する事もできる。このほかにもICカードへの対応、複数のアカウントの無料同時取得、オプションキーボードの用意等、パソコンにしても良い位の装備が成されている。ブラウザはインターネットエクスプローラ互換で1GBのハードディスクを内臓。ネット上の同じサービスがSEGAのドリームキャストからでも受けられるようになっている。

Wii

 任天堂が2006年に発売した家庭用ゲームマシン。モーションセンサを利用し、体を使った遊びをアピールポイントとして売り出された。スペック的には旧世代のGameCubeと同等であるとされている。同じ年に発売されたPS3とは異なり、DVDやBlu-rayを閲覧するなど、ゲーム以外の用途に利用することは不可能だが、定価が安かったこともあり、小学生以下の少年や、ファミリー層を中心に売り上げを伸ばした。

Windows

 マルチウィンドウ環境を実現するためにマイクロソフト社によって開発されたOS(オペレーティング・システム)の名前。

Windows 3.0 / 3.1

 基本的にDOSベースで動作するマルチタスク環境を提供する目的でマイクロソフトが公開したOS。このWindows3.1になってから、異機種との互換性という問題が大幅に改善され、Windows95が広く普及する要素の一つになった。

Windows 95

 Microsoft(マイクロソフト)社が開発した32ビットのOS。Windows3.1の後継にあたるOS。

Windows 98,98SE,NT,Me,2000,XP,Vista,7〜

 Windows95を元祖とするOS。

Windows CE

 Windowsの小型版のOS(オペレーティングシステム)。Microsoft社製でNECのモバイルギア等に搭載されている。SEGA(セガ)から発売のゲーム機、ドリームキャストに搭載されている。

WINS(Windows Internet Name Service)

 Windows上でのネームサーバのこと。コンピュータ名とIPアドレスの対応を管理するためのもの。Windowsネットワークにおけるトラフィックを抑える効果があり、特にDHCPでは各クライアントのIPアドレスが動的に変わるため、WINSを使えば、どのIPアドレスが割り当てられたかを気にする必要がなくなる。

 
INDEX